北方シネマ

(*)上映回によって時間や場所が変更することもあります。毎回の案内をご確認ください
学内駐車場は使えません。お越しの際は公共交通機関をご利用下さい
北九州市小倉南区北方4-2-1
北九州市立大学 北方シネマ(竹川研究室)
【電話】080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00-17:00 応対)
【email】kitagata.cinema@gmail.com
【料金】前売予約1000円・当日1200円・シニア/障害者1000円・大学生/高校生500円(資料代)・中学生以下無料

2018年9月1日土曜日

重要なお知らせ・最新上映情報

次回の上映は6月8日(金)18:30~


上映作品:『桜の樹の下』

作品紹介はこちら
「映画 桜の樹の下」の画像検索結果






17年10月以降、北方シネマ上映は、
18:00開場、18:30開演となります。

また上映日が第2週の金曜日になることがあります。
今年度の予定は今のところ以下の通りです。ご確認ください。


上映日上映作品
4月13日第2週『息の跡』
5月11日第2週『夜間もやってる保育園』
6月8日第2週『桜の樹の下』
7月6日第2週『世界でいちばん美しい村』
8月10日第1週『ほたるの川のまもりびと』
9月7日第1週『クワイ河に虹をかけた男』
10月5日第1週『Kapiw&Apappo』
11月2日第1週『食卓の肖像』
12月7日第1週『沈黙の春を生きて』
1月11日第2週
2月8日第2週
3月8日第2週

2018年7月6日金曜日

北方シネマ015 『世界で一番美しい村』

壮大なヒマラヤの大自然を舞台に
そこで暮らす家族の絆を描いた
叙事詩的巨編

2015年4月25日 M7.8のネパール大地震後、
もっとも被害が深刻だったヒマラヤ山岳地帯で
日本人写真家石川梵が見たのは
報道では見えてこない現実だった。

大地震を乗り越えて強く生きる
家族と人々の絆を感じる
あたたかな毎日

標高2200mの傾斜地にある震源地の村、ラプラック。
そこには、家屋がほぼ全壊状態の中
復興に向けて懸命に生きる家族がいた。

本当の美しさは人と共にある

人々が絶望に直面したとき、世界はどう変わるのか。
巧みに描かれるラプラックの世界は、
人々の存在があるからこそ美しく輝くのである。

(公式HPより抜粋)

〜予告編〜


【上映情報】

東田シネマ
6月22日(金)23日(土)24日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
7月6日(金)18:30より一回のみの上映
北九州私立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可
 
予約一般1000/当日1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円

世界で一番美しい村』 公式HP/Facebook
エグゼクティブ・プロデューサー:広井王子
プロデューサー :石川梵
監督・撮影:石川梵
ナレーション:倍賞千恵子
編集:簑輪広二 
編集協力:道正由紀
音楽:Binod Katuwal ✳︎はなおと✳︎
スペシャルサポーター:関野吉晴 野口健 栗城史多 高橋ツトム 他
web制作:ムーンファクトリー
配給:太泰

2016年/日本/108分

スペシャルサポーター:関野吉晴 野口健 栗城史多 高橋ツトム 他
web制作:ムーンファクトリーサポーター:関野吉晴 野口健 栗城史多 高橋ツトム 他
web制作:ムーンファクトリー

2018年6月8日金曜日

北方シネマ014 『桜の樹の下』

歌って、踊って、笑って、泣いて、

ときどき人生の終わりについて考える。

公営団地に暮らす老人たちの旺盛な生のエネルギー。 

生きていくって、こんなこと。


第71回 毎日映画コンクール ドキュメンタリー映画賞受賞作品



舞台は川崎市にある市営団地。
戦前から工業都市として発展した川崎市は、
高度経済成長期に多くの労働者を抱え、
ベッドタウンとしての宅地開発が進められた。

当時の公営住宅は地方から来る若き労働者の、
現在は単身高齢者の受け皿となっている。
団地の中には歌があり、踊りがあり、笑いがある。
孤独を感じながらも楽しく逞しく生き、
自らの死とも向き合う高齢者たちには、
繰り返される生と死が生活の一部であるかのごとく存在している。 

2015年、山形国際ドキュメンタリー映画際日本プログラムに正式招待され、
多くの評判を呼んだ本作の監督は、これが商業デビュー作となる二十代の田中圭。

若き女性監督が着目した、
小さなコミュニティーで繰り広げられる
日常という名の人生劇場からは、
生きることへの旺盛なエネルギーが優しく溢れてくる。
(公式サイトより)


【上映情報】

東田シネマ 
5月18日(金)19日(土)20日(日)①10:30②13:00③15:30④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ 
6月8日(金)18:30より1回のみ
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184(水曜を除く平日 11:00-17:00対応)

予約一般1000円/当日一般1200円

大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『桜の樹の下』公式HP/Facebook/twitter
監督・編集・撮影: 田中圭 
撮影: 前田大和 
撮影協力: 鈴木麻奈未 / 勝部卓登
プロデューサー: 島田隆一 
整音: 川上拓也
配給:JyaJya Films

2015/日本/ドキュメンタリー/91分

2018年5月11日金曜日

北方シネマ013『夜間もやってる保育園』

笑顔も寝顔も、泣き顔も
ここにあるのは未来です。



「夜間保育園」を知っていますか?

夕方には仕事を終えて、家族そろって食卓を囲みたい。
けれど、なかなかそうもいきません。
家庭の事情もさまざま。核家族化、共働き、夜遅くまでの仕事もあれば
一人で家事や育児もこなすペアレントだって少なくありません。
夜間保育園は、子どもたちが安心して夜「も」過ごせる保育園です。

映画が映し出すのは、制度や数字からだけでは
知ることの出来ない豊かな現実です。
(公式HPより)

☆予告編はこちら☆



【上映情報】

東田シネマ 
4月27日(土)28日(日)29日(日)①10:30②13:00③15:30④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ 
5月11日(金)18:30より1回のみ
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184(水曜を除く平日 11:00-17:00対応)

予約一般1000円/当日一般1200円

大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『夜間もやってる保育園』 公式HP/Facebook
企画:片野清美
制作・監督:大宮浩一
撮影:遠山慎二、前田大和
編集:辻井 潔


2018年4月13日金曜日

北方シネマ012『息の跡』

今は昔 世界の果てに
小さなたね屋が あったとさ。

陸前高田から届いた、忘れられない風景の記録。




予告編はこちら


いまは、もういない誰かへ、まだいない誰かのために
岩手県陸前高田市。荒涼とした大地に、ぽつんとたたずむ一軒の種苗店「佐藤たね屋」。津波で自宅兼店舗を流された佐藤貞一さんは、その跡地に自力でプレハブを建て、営業を再開した。なにやらあやしげな手描きの看板に、瓦礫でつくった苗木のカート、山の落ち葉や鶏糞をまぜた苗床の土。水は、手掘りした井戸からポンプで汲みあげる。

いっぽうで佐藤さんは、みずからの体験を独習した英語で綴り、自費出版していた。タイトルは「The Seed of Hope in the Heart」。その一節を朗々と読みあげる佐藤さんの声は、まるで壮大なファンタジー映画の語り部のように響く。さらに中国語やスペイン語での執筆にも挑戦する姿は、ロビンソン・クルーソーのようにも、ドン・キホーテのようにもみえる。彼は、なぜ不自由な外国語で書き続けるのか? そこには何が書かれているのだろうか?



ふわりとした、けれど、確かなまなざし
まるで、生まれたばかりの映画のように
監督は、映像作家の小森はるか(『the place named』、『波のした、土のうえ』※瀬尾夏美との共同制作)。震災のあと、画家で作家の瀬尾夏美とともに東京をはなれ、陸前高田でくらしはじめた彼女は、刻一刻とかわる町の風景と、そこで出会った人びとの営みを記録してきた。失ったものと残されたもの。かつてあったものと、これから消えてゆくもの。記憶と記録のあわい。そのかすかな痕跡とぬくもりを彼女はうつしだしていく。あの大きな出来事のあとで、映画に何ができたのか。そのひとつの答えがここにある。(公式HPより)




【上映情報】

東田シネマ 
3月17日(土)18日(日)25日(日)①10:30②13:00③15:30④18:00
★日程変更にご注意ください★
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて

北方シネマ 
4月13日(金)18:30より1回のみ
★日程変更にご注意ください★
北九州市立大学 本館A-101にて
予約はこちらから
https://kitagata-cinema.blogspot.jp/2017/02/blog-post_14.html
電話予約は 080-6458-1184(水曜を除く平日 11:00-17:00対応)


予約一般1000円/当日一般1200円

大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円



『息の跡』

公式HP  http://ikinoato.com/
Facebook https://www.facebook.com/ikinoato

監督・撮影・編集・製作: 小森はるか
編集・プロデューサー: 秦岳志
整音: 川上拓也
特別協力: 瀬尾夏美
プロデューサー: 長倉徳生
配給:東風
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
製作:カサマフィルム

2016/日本/93分

2018年4月12日木曜日

「息の跡」アフタートークのお知らせ

今週13日(金)に上映される『息の跡』のアフタートークのお知らせです。




今回の映画上映後には、北九州市立大学地域共生教育センター(421Lab.)の活動の一環として、東日本大震災・熊本地震・九州北部豪雨被災地支援をしてきた学生たちとのトークイベントが開催されます。生活環境が大きく変わってしまった人々と向き合った経験を持つ学生は、この映画をみてどのように感じたでしょうか。



【登壇者】(五十音順)
有馬夕乃(地域創生学群4年・東日本『絆』プロジェクト)
岸本勝也(法学部法律学科3年・防犯・防災プロジェクト+個別のボランティア活動)
須磨航(地域創生学群3年・災害時緊急支援チーム+個別のボランティア活動)


有馬夕乃さんに代わって、学生たちの活動を見守ってきた421Lab.の村江史年先生が登壇することになりました。(4月12日追記)



司会:神原ゆうこ(基盤教育センター)


映画上映後もお楽しみください。

2018年3月21日水曜日

モアナ-南海の歓喜を沖縄で出張上映します

『モアナ-南海の歓喜』(Moana with Sound)
(サウンド版・日本語字幕)

1926年、アメリカの映画監督ロバート・フラハティが、南太平洋サモア島の生活を撮影した記録映画。「ドキュメンタリー」という言葉が初めて使われた歴史に残る映画です。デジタル復元版の劇場公開前に、沖縄にて特別上映いたします。

========================
    劇場公開前 特別試写会 無料
========================
会場 ◆ 珊瑚舎スコーレ (琉球銀行与儀支店3F)
日時 ◆ 3/21
開場 ◆ 17時30分
上映 ◆ 18時
時間 ◆ 98分
予告編はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=eApMapRGGI4
========================

この特別試写会は、『モアナ-南海の歓喜』の配給元「グループ現代」の川井田氏のご厚意で実現しました。上映に際しては「北方シネマ」「珊瑚舎スコーレ」が協力しています。