北方シネマ

(*)上映回によって時間や場所が変更することもあります。毎回の案内をご確認ください
学内駐車場は使えません。お越しの際は公共交通機関をご利用下さい
北九州市小倉南区北方4-2-1
北九州市立大学 北方シネマ(竹川研究室)
【電話】080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00-17:00 応対)
【email】kitagata.cinema@gmail.com
【料金】前売予約1000円・当日1200円・シニア/障害者1000円・大学生/高校生500円(資料代)・中学生以下無料

2018年4月1日日曜日

重要なお知らせ・最新上映情報

上映時間の変更がございます。
'17年10月〜'18年3月までの北方シネマ上映は、会場の都合により全て

18:00開場、18:30開演

となります。
開演時間の遅れに伴い、ゲストトークも含めた全てのプログラムの終了がこれまでより遅くなることが見込まれます。ご了承ください。

また、ゲストトークの開催はこれまで通り積極的に行っていきます。
ご意見、ご要望などがありましたら上映後のアンケートまたは北方シネマホームページ上のアンケートページからお書きください。

★今後の上映作品のご案内★
北方シネマ008は『フリーダ・カーロの遺品〜石内都、織るように』を上映します。
12月1日(金)18:30より1回のみ。ゲストは現在調整中。

北方シネマ009は『踊る旅人 津村禮次郎の肖像』を上映します。
2018年1月5日(金)18:30より1回のみ。ゲストは現在調整中。

北方シネマ010は『抗い〜記録作家・林えいだい』を上映します。
2018年2月2日(金)18:30より1回のみ。ゲストは現在調整中。

皆様のご来場お待ちしています。

北方シネマ運営委員一同

2018年1月5日金曜日

北方シネマ009『踊る旅人〜能楽師・津村禮次郎の肖像』

躍動する能楽師の、果てしなき冒険の旅

能楽師・津村禮次郎の身体と活動を通して、伝統文化「能」の新たな魅力と表現の可能性を発見するドキュメンタリー





日本に600年以上も伝わる伝統芸能「能」。このドキュメンタリー映画は能楽師・津村禮次郎(つむら・れいじろう)が、バレエやパントマイム、バリ舞踊など様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションを通じて、身体表現の可能性を大きく広げていく姿を5年に渡る長期取材と構成によって描いた作品である。


予告編はこちらから


「ひとつのものから発展していき、次々といろんなものを創り出して、何かひとつのものを創り出していく。それを旅、Journeyというんです」


70歳を迎えた能楽師・津村禮次郎。古希を祝う記念能が国立能楽堂で行なわれた。これをひとつの通過点とし、今後の更なる跳躍へと胸を躍らせる津村。バレエ、コンテンポラリーダンス、パントマイム、異境の芸能…、津村禮次郎は未知の世界に自分を投げ出した時、そこから何が自分の中から出てくるのか、という冒険を続けている。


『トキ』 バレリーナ・酒井はなと


『HAGOROMO』ダンサー・森山開次と


彼が初めて能に触れたのは19歳の時である。当時女流能楽師のパイオニア・津村紀三子の芸に強く惹かれ内弟子となり、以後、ひたすら古典能の研鑽に没頭し、40歳を過ぎたあたりから、精力的に独自の創作活動を行うようになった。様々なコラボレーションで発揮する津村の豊潤で力強い身体表現は、能という芸能に対する、長い間の厳しい修行と鍛錬に裏打ちされたものである。

津村の飽くなき創造へのチャレンジ、異なる表現への好奇心。そして、その場を共有する人達とのしなやかなやり取りは、表現に関わる人間だけではなく、今の時代、異なる文化、人種、宗教を持つ人同士がとるべきコミュニケーションのあり方にも大きな示唆を与えてくれるであろう。




津村禮次郎

観世流緑泉会代表 重要無形文化財(能楽総合)保持者
社団法人日本能楽会・社団法人能楽協会会員
二松学舎大学文学部特任教授
一橋大学社会学部講師(2009)
1942年生。大学在学中に女流能楽師のパイオニアである津村紀三子に師事。
1974年緑泉会を継承し代表会主となる。
古典能の公演のほか新作能、創作的活動も多数。
近年では文化庁文化交流使として、海外での指導交流活動や制作公演も行っている。
佐渡での公演と小金井薪能は30年以上に渡って現在も続いている。著作に「能がわかる100のキーワード」(小学館刊) 、写真集「舞幻」(ビイングネットプレス刊)。
観世流緑泉会公式サイト→ http://www.ryokusenkai.net/
より詳細なプロフィール・実績は観世流緑泉会のページよりご覧ください→http://www.ryokusenkai.net/profile.html

人生も、芸道も、終わりなき冒険の旅ー

『踊る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像』
■上映案内
北方シネマ
2018年1月5日(金)18:30開演 1回限り
北九州市立大学 本館A-101にて
予約はこちらから https://kitagata-cinema.blogspot.jp/2017/02/blog-post_14.html

東田シネマ
12月15日(金)16日(土)17日(日) ★通常より1週早めての上映となります★
①10:30 ②13:00 ③15:30 ④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから http://higashidacinema2014.blogspot.jp/p/ticke.html



■クレジット
『踊る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像』
HD/110分/カラー/2015年/日本 ©究竟フィルム KUKKYO FILMS
監督・撮影・編集:三宅流(みやけ ながる)
出演:津村禮次郎、小㞍健太、酒井はな、森山開次、平原慎太郎、小野寺修二、Ni Wayan Sekariani ほか
音楽:石田匡志
撮影協力:与那覇政之
編集助手・予告編:上原拓治
協力:緑泉会 スタジオ・アーキタンツ オフィス・ルウ カンパニー・デラシネラ 佐渡観光協会 小金井薪能実行委員会 一橋観世会 セルリアンタワー・能楽堂 国立能楽堂 喜多六平太記念能楽堂 せんだい演劇工房10-BOX 高橋泰裕 利尻麒麟獅子舞保存会 小池博史ブリッジプロジェクト 熊野本宮大社 熊野鬼城太鼓 古澤巌 石田一志 ふじたあさや
プロデューサー:加瀬修一、田村昌裕
製作:究竟フィルム KUKKYO FILMS、contrail、株式会社アースゲート
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
配給:究竟フィルム KUKKYO FILMS 配給協力・宣伝:contrail

(作品HPより)

■Keywords
#能 #能楽 #津村禮次郎 #薪能 #コンテンポラリーダンス #身体表現 #演劇 #舞台芸術 #伝統芸能 #コラボレーション #八幡高校 #バレエ #バリ舞踏

作品公式HP:http://www.odorutabibito.com/
Facebook:https://www.facebook.com/odorutabibito
Twitte:https://twitter.com/odoru_tabibito